TOP | あなたがまだ1人でいる理由 | みんなが結婚相談所に行く理由 | 結婚相談所の会員の信用性はどうなの? | 大手の結婚相談所比較 | 当サイトについて |

結婚相談所の会員の信用性はどうなの?


結婚相談所の入会資格とは?

結婚相談所には入会資格があります。

入りたいからといって誰でも入れるわけではありません

「結婚」に関わることですから、独身であることや収入に関しては厳しくチェックされます。

大手結婚相談所ツヴァイを例にとると、入会資格は

・男性22歳以上、女性18歳以上(但し、学生の方は20歳以上)
・独身であること  (ツヴァイの場合)

が条件です。


他の大手オーネットなども見てみると

・独身であること
・男性は20歳以上、定職や低収入があること
・条件によるマッチング人数が紹介基準人数を超えること(o-netの場合)

などが入会の条件です。
これは、自己申告で審査するのではなくきちんと書類を提出してもらうものです。


例えば、以下のような書類です。


独身証明書 (市区町村が発行するもの)
収入証明書 
源泉徴収票または給与明細書など
卒業証明書 
卒業証明書、または、卒業証明書のコピー
写真 
(ツバイの場合)

中でも聞きなれないものが「独身証明書」ですね。

そんなものがあるということにびっくりしますが、

免許証や住民票などでは、独身かどうか、きちんと判断できないため、市区町村が発行する独身証明書を提出することになっています。

ですから、独身かどうかや収入についてなどは、裏づけの書類を提出しなければいけないので、ウソを付くことはほぼ不可能なのです。


そういった意味で結婚相談所の会員さんの経歴や身元についてはかなり信用できるといえます。

少なくとも会員は、

安くない入会金を支払い、このような証明書をきちんと出せる」人ということです。

そういった意味で、ネット上の安い出会い系より格段に信用性は高いといえるでしょう。

また「条件によって紹介できる人数が一定の基準人数を超えること」を入会条件にしている相談所もおおいので、会員は、ある程度結婚相手としての条件が整っている人ということもいえます。