TOP | あなたがまだ1人でいる理由 | みんなが結婚相談所に行く理由 | 結婚相談所の会員の信用性はどうなの? | 大手の結婚相談所比較 | 当サイトについて |

あなたがまだ1人でいる理由


本当は結婚したいが・・晩婚化・非婚化は年々進んでいる

データで見ると、30歳〜34歳までの男女ともの未婚率は年々上昇してきています。


30歳〜34歳 男性 未婚率 約42%

30歳〜34歳 女性 未婚率 約30%


この数字は数年前に比べて3〜5%上昇してきています。
これ以外の年齢でも未婚率は年々上がっています。

このデータを見たとき、

「まあ、晩婚化も進んでいるし、これ以降の年齢で、みんな結婚しているんだろう」

と考える人も多いでしょうが、見逃せないのは、生涯未婚率の増加です。

生涯未婚率とは、50歳の時点で一度も結婚していないという人の未婚率のことです。

この「一度も結婚していない人」の割合も年々増加しているのです。

年々増えている生涯未婚率のデータから考えると、


30歳〜34歳の時点で未婚の人は

男性なら、そのうちの30%が生涯未婚

女性ならそのうちの20%が生涯未婚ということになってしまうのです。

(中には独身主義の人もいるでしょうから、もう少し下がると思いますが)


ですが!男女ともに独身の人は、ほとんど「いつか結婚したい」と考えています。

独身女性に聞いたアンケートでもほとんどが「結婚したい」「将来結婚したいと思っている」と回答しています。

男女ともに、結婚をあきらめている人は、実はそんなにいません。

では、30代以降が結婚しない理由は何なのでしょうか?

みんなが独身でいる理由

結婚をしない理由として挙げられるのは


・自由がなくなる
・まだ必要ない
・生活を変えたくない
・仕事に集中したい
・収入面で不安がある(結婚資金が足りない)
・出会いがない
・相手がいない

などです。

20代のうちは、必要がない、生活を変えたくない、仕事や勉強に集中したいという意見が大変を占めています。

そのうち、20代後半から30代に入ってくると「出会いがない」「結婚したいと思う人がいない

という理由が明らかに増えてくる傾向があります。

一方独身の男女に「結婚したいと思うか?」

とのアンケートをとると、約90%の人が結婚したいと回答しています。

つまり、大半の人は結婚したいと思っているけど、「出会いがない」「相手がいない」という理由で結婚していないことがわかります。


昔であれば、近所の年配のおばさまや、親戚筋からの紹介などのネットワークが発達していました。

そういったところから結婚に発展するケースも多かったのですが、今では、そういった繋がりもなくなり、
忙しい独身の現代人にとって、「出会いがない」というのは、共通の悩みの種なのです。